アメリカ留学のきっかけってなに?


今回は、アメリカ留学にしようと思ったきっかけを話していきたいと思います。

こっちにきてから色んな人に、なんで留学しようと思ったの?とか

なんでアメリカ?どうやって?

と質問されたので

その時にアメリカ留学を決意したきっかけを話していきたいと思います。

アメリカ留学のきっかけとなったこと

 

順を追って留学までの道のりを説明すると

  1. 海外に興味を持ちました
  2. 海外の旅行客がよくシェアハウスに住み始め
  3. アメリカの子と出会い ←ここがきっかけ
  4. つたない英語で連絡を取り合い
  5. 「こっちに来ないか」と誘われる
  6. そのアメリカの友達に学校申請をほぼ全てやってもらう
  7. 頑張ってVISA申請をする。(難しかったので業者に依頼。)
  8. 晴れてアメリカに留学

 

となんて他人任せな留学(笑)

 

この中で一番大きなイベントはやっぱり

3番のアメリカの子との出会いかな。

出会って友達になってなかったら今頃全然違う人生歩んでたろうね

やっぱり出会いって大切だなって

改めて書いて見て痛感しました。

 

アメリカ留学のきっかけってなに? 〜まとめ〜

 

今回は、きっかけの話というよりの留学までの流れですね

次回は、留学までのプロセスをしっかり話していきたいと思います。

 

ちなみに自分のときは、ほとんどアメリカの子の力で留学できましたが、

アメリカに来てから一年後に友達のアメリカ留学を手伝っているので

留学申請の全プロセスの経験がありますよ。

 

では、最後まで読んでくれて

ありがとうございまいます!

 

 


About the author

留学5年目。
4年間はテキサス州ダラスのカレッジで過ごし、その後はアリゾナでエンジニア兼通訳として活動。現在は、ライターとしての力を磨きながら世界弾丸旅行の準備中。