ホーリースプリングテンプルと呼ばれている神聖な「ティルタ・ウンプル寺院」


多くの現地人が沐浴と礼拝に訪れるバリ島のパワースポット

 

ホーリースプリングこと「ティルタ・ウンプル寺院」

 

聖なる水が湧き出ると言われているお寺にバイクで行ってきました!

 

「ティルタ・ウンプル寺院」に到着!

 

 

ウブドからバイクで30分のこの場所にやってきました!

バイクのレンタル1日60kルピア(500円くらい)

 

めっちゃ安い!

 

ガソリンも個人経営の安いところで入れれば、1Lで10kルピア(80円)

 

そんなバイクでやってきましたホーリースプリングこと「ティルタ・ウンプル寺院」

 

 

入場券を購入し、中に入ります。

入場料:50kルピア(400円くらい)

 

他のサイトを見ると、これより安い価格がのっていたので

今考えると、入場料は多めに取られていた気がします。

 

 

マップを見る限りそんなに広くないので、まわるだけなら30分もあれば十分そう。

 

 

 

なにやらわからぬ、顔の像やインドネシアならではのお寺の中を進んで行くと見えてきました

 

これが聖なる泉から湧き出ている水。

ここで沐浴をするそうです。

 

 

 

 

沐浴のやり方

 

 

こちらは他のサイトからの引用になります。

情報元は「LINEトラベル.jp様」(https://www.travel.co.jp/guide/article/14082/)

「ティルタ・ウンプル寺院」の沐浴は、異宗教の人や観光客でも行えるので、実際に体験してみましょう。割れ門から延びる通路を中心に、2つの沐浴場があります。その通路のそばにお祈りとお供えを捧げる場があるので、そこで祈りと願い事を唱えたら、左手の沐浴場の一番左端から沐浴を開始します。

■沐浴
1)吹き出し口から流れだす聖水の前で手を合わせ神様にお祈り
2)右手に聖水を取り頭や顔に3回かけ身体を浄化して、願い事を唱える
3)吹き出し口から流れる聖水を頭から被る
4)右手に聖水を取り3回口に含んで体内を浄化させる
5)最後に神様にお礼をする

1)~5)の手順を左端の吹き出し口から順番に行います。ただし、気を付けなければならないのは、左から数えて9~11番目の聖水を浴びてはいけません。近親者が亡くなった場合や、不幸があったなどの特別な時に使う場所なのだそうです。

*お願いごとは日本語で、各吹き出し口での願い事が異なっていても良いそうです
*聖水は口元に付けるだけでも大丈夫です
*9~11番目の吹き出し口上部に注意書きのプレートがあるので、それを目印にして避けるとよいでしょう
*沐浴場手前にロッカールーム(5000 Rp)もありますが、男女別にはなっていません

 

「ティルタ・ウンプル寺院」の裏手に広がる聖なる泉

 

 

 

裏手にあるのは、聖水の源と思われる泉。

水は澄み切っていてとても綺麗です。

 

そして、後方にあるお寺の建物がこの泉の神聖さを際立てています。

 

お得に「ティルタ・ウンプル寺院」に訪れたい方はツアーに含まれていることが多いので、そのツアーでまわることをおすすめします。

一気にいろんな所を観光することができますよ!


About the author

留学5年目。
4年間はテキサス州ダラスのカレッジで過ごし、その後はアリゾナでエンジニア兼通訳として活動。現在は、ライターとしての力を磨きながら世界弾丸旅行の準備中。